この経済指標カレンダーの提供は FX ポータルサイト – Forexpros

2015年02月03日

日本は輸出総額2013年69兆円で輸入原油ガスのみで約30兆円貿易赤字12兆円

平成25年(2013年)
輸出総額(確定値) 69兆7742億円
輸入総額(確定値) 81兆2425億円
日本は輸出総額2013年69兆円で輸入原油ガスのみで約30兆円貿易赤字12兆円
2013年WTI平均価格約ドル換算97.94ドル 平均為替ドル円97.56円
円換算1バレル97.94*97.56=9555円
円換算1リットル 60.15円
現在WTIドル換算1バレル49.85ドル
円換算1バレル49.85*117.00=5832.5円

WTIの値段が下がった割合(9555-5832.5)/9555=0.3895=0.389
WTI円換算価格は39パーセント下がったので
コレが続けば
2016年原油ガス輸入総額は30兆円*0.39=11.7兆円下がるので
2013年並みのほかの輸出入だったとしたら貿易赤字は+-0円ぐらいになる

日本は自動車の輸出がうまく行ってて貿易+−0なので
円安は継続すると思うがWTI50ドル当たりで現在貿易0円になるということで
ドル円相場の予想が付きやすいと思った

しかし日本は資源の貿易の割合が多すぎて
輸出が出来なくなると、大変不安定な国だと思った。
現在自動車・カメラのみだと思われる輸出に対して
輸入は使ったら仕入れないといけない資源で自国で消費してるので
よくドル円で円高にしてこれたなと思った。

サウジアラビアは世界一お金に関して楽をできる国だと思った
何もしなくても原油が湧き出てお金によって、世界中の国の人間をこき使えるわけで。


アメリカ軍が南方に退こうとしているのは中国の脅威ではなくて 日本の政治経済の不安定になるかもしれない脅威なのかもしれない

今、もし為替が一定で変わらないとしたら。
日本の自動車が輸出できなくなれば、原油はすぐに買えなくなる
100兆円外貨をもっていても毎年30兆円資源を買えば3年でなくなる
円安になって、3年も持たないかもしれない

posted by もよもよ at 14:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

確率のトリック FXや株式投資は、投資家はだまされているかも!上下だけ当てれば勝てるのか

投資確率のトリック FXや株式投資は、投資家はだまされているかも!上下だけ当てれば勝てるのか

信用2階建て、FXでレバ25倍、ETF、先物取引、商品、
ほとんどの人がなぜか退場させられてた。
やらないことが一番という。
本当にあがるか下がるかだけ当てれば勝てるのか。

確率のトリックを検証してみた
投資と関係あるのかわからないが
なぜか、投資と関係していると思うがわからない
有名ななのがモンティ・ホール問題
モンティ・ホールのルール

確率のトリック テレビで嘘ついてる?
ビーバップ何たらという番組で「数字のトリック」なる特集をしていました。
当たりが1つだけの5つのドアのうち1つを選んで、正解を教える前に主催者が残りの4つから3つを開けます(外れを示します)
そうすると残るのは最初に選んだ1つと、主催者が開けなかった1つの合計2つになるから当たる確率はどちらも1/2となる・・・と思いきや
実際は最初に選んだのは1/5で主催者が開けなかったのは4/5というのです。

理屈は最初はもちろん5つとも1/5の確率ですが、最初に選んだ時点で残りの4つの内に当たりがある確率は4/5。その4つから3つを外して残った1つになってもその4/5の確率は変わらないというのです。

これでパネラーさんたちは納得していたのですが、私はどうしても納得できませんでした。
この理屈が通るためには主催者が3つ外すのに、4つの中から「無作為に」3つを選ぶ必要があると思うのです。
つまり、主催者が3つ選ぶ際にその中に当たりがある可能性を考慮しなくてはならないと思うのですが、番組ではそのことに一切触れていませんでした。

主催者が当たりを分かっており、わざと2択に持ち込んだのなら当たる確率はやはり半々だと思うのですが、どうでしょうか?

答え
最初の段階で、
5このドアの内選んでない4つのドアに当たりがある確立は4/5
選んだ1個のドアが当たる確率は1/5
選んでないはずれを3個ドアを開けようが、どこに当たりがあって主催者が開けようが選んだドアより
当たりが入る確率は高い
当たりを入れたのは最初の段階で、3つはずれをはずした状態で当たりを入れたのではないのだから
100個ドアがあって 1つと99つのドアにあたりが入る確率は99パーセント
5つのドアがあって、当たりをいれて、はずれをただ見せただけなのだから確率は変わらない
posted by もよもよ at 08:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

原油下落の原因

サウジアラビアの1バレルあたりの精製までのコストは1バレル15ドルといわれている。
カナダは1バレル30ドルといわれている。
そのた硫黄等が含まれたメキシコの原油は1バレル40ドルといわれている。
アメリカのシェールガスは、50ドルといわれている。
アメリカは、ナイジェリアの原油を買っていたが、シェールガスが大量に取れて
ナイジェリアと取引をすべて止めた、サウジアラビアからアメリカが買う量が減ったので、
自分たちも、取引停止されるのではとシェールガスを取るのを止めろとアメリカに発言したが
無視されている、その為、サウジアラビアは、原油を下げてアメリカのシェールガス企業をつぶすまでやる気だと思う、
さらにカナダからの原油のパイプラインがアメリカに引かれて施工完了したので、
サウジアラビアの政治的地位が低くなっているようだ。
サウジアラビアは1バレル20ドルまで下げる気かもしれない。
カナダ アメリカの企業がつぶれるまで原油を下げて、
OPEC総会によって原油の価格の操作が行われるのではないだろうか。
弱肉強食としか思えない中東と北米の政治政策。
政治的談合によってシェールガスの掘削量が決まり。
政治的談合により中東の原油の掘削量が決まり。
価格が高値で維持されることになると予想する。
何年かは1バレル70ドルを中心に安定するのではないだろうか

あくまで予想なので、
投資は個人の責任でしてください。

しかし、サウジアラビアで取れる原油とカナダやナイジェリアでとれる原油は成分が違うので
両方無ければ作れないものが出来るそうなので、アメリカがサウジから原油を買わないことになるのは、
現時点であり得ない。

カナダの原油は殆どがシェールオイルの原油で、オイルサンドから1バレルの重質原油を得るためには、数トンの砂岩を採掘し、油分を抽出する必要があり、大量の廃棄土砂が発生する。従来の原油と比較して生産コストが高く、さらに廃棄土砂の処理に多額の費用がかかるため、長い間不採算の資源として放置されていた。


ロシアは原油の輸出とルーブルの価値が連動しているので、ロシアが入ってくると
1バレル100ドル以上になるかもしれないが、ありえないだろう。
あっても80ドル







世界中で原油の価格といえばWTIが指標として使われます。
WTIはウエスト・テキサス・インターミディエートの略で、西テキサス地方で産出される不純物の少ないガソリンを多く取り出せる品質の高い原油のことを言います。
原油価格は、このWTIのほか、欧州産の北海ブレント、中東産のドバイがあり、3大原油指標と言われています。

WTI原油先物は、市場の流動性や透明性が高いため、世界経済の動向を占う重要な経済指標の1つにもなっています。

posted by もよもよ at 04:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする