この経済指標カレンダーの提供は FX ポータルサイト – Forexpros

2015年04月16日

日本語が分からない、ゆらぎとは?(ゆらぎの定理)

ゆらぎとは、ある量の平均値からの変動をいう。
物理学において、ゆらぎとは、広がりまたは強度を持つ量(エネルギー・密度・電圧など)の空間的または時間的な平均値からの変動を指す。ゆらぎの大きさを表すのに用いられる二乗平均ゆらぎは、統計学における分散と同じものである。
すなわち、X \ の測定を多数回行ったとき、測定値の平均値を\langle X \rangle \ 、 i \ 番目の測定値をX_i \ とすると、二乗平均ゆらぎ(分散)は
\langle X^2 \rangle - \langle X_i \rangle^2
と表される。
ゆらぎの性質を分類する方法として、パワースペクトルがよく用いられる。

ゆらぎの定理(英: Fluctuation Theorem, FT)とは、ある過程の実現確率と、その逆過程の実現確率との間に、対称性が存在することを示した定理である。
ゆらぎの定理は、平衡近傍に適応すると相反定理、揺動散逸定理、線形応答理論を、等温系で適応するとJarzynski等式を導くことが出来る。ゆらぎの定理は、線形応答の関係を、非線形な領域にまで拡張したものとも見ることができる。それまで有意味な関係式があると思われてこなかったような領域において発見された関係式であり、そのため発見された90年代以降、ゆらぎの定理に関係した研究は活発に行われている。

ゆらぎ【揺らぎ】 2 ある量の平均値は巨視的には一定であっても、微視的には平均値と小さなずれがあること。 また、そのずれ。 気体分子の熱運動、光の散乱、ブラウン運動などにみられる。

ある量が,平均値は一定であるが,瞬間的にはその平均値の近くで変動している現象。または,平均値からのずれ。光の散乱,気体分子の熱運動などにみられる。揺動。


出典:WIKI
posted by もよもよ at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。