この経済指標カレンダーの提供は FX ポータルサイト – Forexpros

2010年06月26日

日本税金80パーセントの国へ

財政赤字は少なくなった国は一国もない
どうして財政赤字が問題になるのか
政治家が人気取りで問題にしているだけ

財政赤字が減った国がないということは
GDPが増えなければ財政赤字のGDP比は少なくならない

GDPが増えなければデフォルトに近づくか、資産家はお金が増えないのでお金を使わないのでお金が回らなくなりさらにデフレGDPが増えない

住民税10パーセント
国民保険13パーセント+32000円+12000+13000
所得税5〜45パーセント
消費税5パーセント

どっかの政治家が消費税25パーセントの国が多いから25パーセントにするべきといっていたが
全部最大で足していくと10+13+45+(25/2)=80パーセント収入の80パーセントが税金って
posted by もよもよ at 19:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

ユーロに対する発言が変わった!??

ジムロジャースは失敗した人を救うべきじゃないと言った
ユーロは15年後になくなると予想が外れた事を認めた
ユーロのロングポジションを今もっていることを伝えた
さらに買い増すこともあるとつずけた

財政赤字国の救済が最終的には共通通貨を破壊するとみている。
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=aJEhQTz9f0.M


16日マドリードでのインタビューで、「こうなるはずではなかった」とし、「欧州のためにも世界のためにも、失敗をした人を救済するのが良いことだとは思わない」と述べた。
posted by もよもよ at 09:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

製造業衰退のうそ?金融債権のうそ?

アメリカの人口変化 1980年2.1億人 2009年3.1億人 2043年4億人
製造業の雇用数    1960年に28.4%、1970年に25.1%、1980年1900万人     2009年 1300万人(日本1000万人)
GDP比に占める製造業の割合 1980年 20.8パーセント(実質GDP2.79兆ドル 名目GDP5.83兆ドル)   2009年11.5パーセント(名目GDP1.4兆ドル)
名目GDP物価変動しないものとしたGDP
07年は全世界の27%を製造業が(1兆8310億ドル・約164兆7900億円)を稼ぎ出している。ちなみに00年比で19%も伸びており生産性の向上。ちなみに日本は3位で、00年比では逆に10%も減少していた。
製造業はアジア。アフリカに日本は製造就業人口が極端に減る
非農林業計2009年13500万人 日本5460万人 就業率林農業除く45パーセント 45.5パーセント

アメリカは移民政策で毎年300万人人口が増えていたが、エネルギー消費の増加や水不足を引き起こすとされているため、不法移民を防ぐ計画なども考えられているという。
そのため移民の流入は鈍化するがヒスパニック系を中心に高い出生率で人口が増える

不良債権を抱える金融
機関の融資機能の弱体化は解消のめどが立ってい
ない。不動産、株式等、資産市場の底入れが見え
ない中で事態の一層の悪化も十分懸念されるとい
うのが大方の見方ではなかろうか。時価会計撤廃で実際の不良債権はわからない
アメリカが言っている日本をお手本に不良債権の洗い出しが終わったはうそ
ドルの価値の下げでインフレで不良債権の処理 GDPの伸びが加速するか?

2009年の統計は資料出所:日本は総務省統計局 (www.stat.go.jp)の「労働力調査」。アメリカはU.S. Department of Labor,
Bureau of Labor Statistics (www.bls.gov)のCurrent Employment Statistics。
posted by もよもよ at 13:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。